マッチングアプリ:いい人と危険人物の見分け方2つのポイント

マッチングアプリをやるなら、やはり「危険人物」は避けて、「いい人」と出会いたいところです。

実際マッチングアプリには、「なんでこの人、彼女いないの?」と思うような男性ユーザーはたくさんいます。

とはいえ、

「いい人かどうか見分けられない!」
「危険人物のイメージがつかない」

という人も多いでしょう。

本記事では、マッチングアプリで「いい人」と「危険人物の見分け方を解説します。

● いい人の見分け方は、「プロフィール」と「メッセージ」
● 地雷男の見分け方もおさえておこう!

マッチングアプリで「いい人」を見つける見分け方

「いい人」を見つけるポイントはたくさんあります。具体的には、以下のようなところをおさえておきましょう。

やっぱり見る目は大事だよ!

プロフィールをきちんと書いているか?

もっとも正しい見分け方は、「プロフィールをきちんと書いているか?」というところ。

なぜなら「真剣に付き合おう」と思っている人は、プロフィールをきちんと書くからです。

遊びでやっているなら、プロフィールに力を入れたりはしません。

だいたい400文字ほど記入しているなら、「いい人」である可能性はかなり高くなります。

内容としては、

  • 付き合ってからしたいこと
  • 好きな女性のタイプ
  • 仕事
  • 趣味
  • 休日の過ごし方
  • 自分の性格

などを書いているなら、より安心です。

ほとんどの場合は「いい人」でしょう。少なくとも真剣に恋愛へ向き合おうとしていると判断してOK。

顔だけじゃなく、プロフィールを見てから判断するのが大切!

きちんとメッセージをしてくれるか?

また、きちんとメッセージをしてくれるか、という点も重要です。

もし本当に「いい人」であれば、こちらを思いやって、丁寧にメッセージしてくれるはずです。

たとえば、いきなり踏み込んだ質問をしてこなかったり、マメに返信してくれるなら、「いい人」である可能性は高いでしょう。

言葉遣いも重要。

礼儀正しいメッセージを送ってくるなら、より安全な人だと言えるでしょう。

マッチングアプリでは、危険人物の見分け方もおさえておく

「いい人の見分け方」と同じく、「危険人物の見分け方」をおさえておくのも重要です。

マッチングアプリには、意外と危険な人がいます。

こういった人と出会わないように、見分け方をおさえておきましょう!

危険な目に遭わないようにするのも、マッチングアプリを使う上で大切だよ!

すぐに距離を縮めてくる

メッセージが始まって、いきなり距離を縮めてきた場合、たいていは地雷男です。

たとえば二言目から「会いたい」とか、「LINEで話そう」と言ってくるケース。

だいたいはヤリモクで、かかわっていてもよいことはありません。

すぐに距離を縮めてくるようなら、すぐにブロックしてしまいましょう!

あまりにもイケメンすぎる

残念ながら、「あまりにもイケメンすぎる」場合も、危険人物である可能性は高め!

芸能人などの写真を勝手に使って、なりすましている可能性があります。彼らの正体は、たいていヤリモクか業者です。

イケメンとかかわるのはよいことですが、一応は警戒しておきましょう。

まとめ

マッチングアプリには、本当にさまざまな男性ユーザーがいます。

びっくりするくらい「いい人」もいれば、本当に迷惑な「危険人物」もいます。できるだけ「いい人」と出会うために、見分け方を覚えて実践しましょう。

「危険人物」を見分け方もあわせておさえておけば、より快適にマッチングアプリを利用できます。

ぜひとも見る目を養って、素晴らしい出会いを見つけてください。