マッチングアプリのデートの断り方とは?すぐ使える例文テンプレート付き

マッチングアプリを使っていると、「デートを断りたい……でもどうやって断ろう…..」と悩む瞬間が、ときどきやってきます。デートの誘いを断るのは、いろいろとストレスになりますよね。本記事では、デートの断り方について、詳しく解説します。

テンプレートもついているので、ぜひ参考にしてください。

マッチングアプリを使っていると、「デートを断る」という場面が、よく訪れます。

多くの人は、「どうやって断ろう……」と悩んだことがあるのではないでしょうか?

ズバッと断るのも悪いし、だからといって会いたくはないし……本当に悩ましいところです。

本記事では、上手なデートの断り方について、詳しく解説します。

テンプレートもついているので、ぜひ参考にしてください。

●場面ごとで、断り方は変わってくる
●最悪、テンプレートをコピペするだけでもOK!

マッチングアプリでのデートの断り方(テンプレート付き)

デートの断り方は、状況や相手との関係性によってさまざまです。

場面ごとで詳しく解説します。

最悪、テンプレートをコピペするだけでもOKだよ!

まだ会いたくないときの断り方

「興味はあるけど、会うのはまだ早いかな……」というケースは、本当によくあります。

そんなときは、以下のように断りましょう。

「誘ってくれてありがとうございます! でも少し不安なので、もう少しやりとりしてからでもいいですか……?」

ポイントは、「絶対ダメ!」という雰囲気を出さないこと。

はっきり言ってしまうと、メッセージ自体が途切れてしまうかもしれません。

このあとで、「気持ちをわかってくれて、ありがとう」というようなことを言えると、さらに印象がよくなります。

誘いがしつこいときの断り方

ときには、「会うつもりはないのに、何回も誘ってくる……」というケースもあります。

このパターンは、相当気を遣いますよね。

誘いがしつこい人には、

「ごめんなさい、まだ予定がわからないので、わかったら連絡します!」

「会いたいんだけど、仕事が忙しくて……時間ができたら連絡しますね」

というように伝えるとよいでしょう。

ポイントは、「こちらから連絡する」という表現にすること。

連絡するタイミングを自分に寄せておけば、向こうから誘ってくる可能性が低くなります。

もし、このあとも誘ってきたら、同じような返信でOK。

というように適当にかわしながら、徐々にフェードアウトしていきます。

相手も「あ、この人は会ってくれないんだ」と気づいて、次第に諦めてくれるはずです。

ドタキャンするときの断り方

もっとも辛いのは、ドタキャンするときの断り方。

ドタキャンするときは、

「本当にごめんなさい! 風邪を引いて体調が悪くて…..今度のお約束、キャンセルさせてもらえませんか? 本当にごめんなさい……」

というように伝えましょう。

本当の理由があるなら、それを伝えてしまってかまいせん。

もし会うつもりがあるならば、その上で、

「でも、○日なら行けます! お詫びに何かごちそうします!」

というようなことが言えるとよいでしょう。

ドタキャンで断るのは気が引けますが、「連絡せずに来ない」というのは、さすがに相手が可哀想です。

絶対にしないようにしましょう。

まとめ

マッチングアプリを使っていると、「どうしてもデートは断りたい」という場面が出てきます。

できるだけ穏便に断りが入れられるよう、本記事の断り方を参考にしてください。

面倒だったら、テンプレートをコピペして使えばOK。

コピペをして断ると、不思議と少しだけ気持ちが楽になりますよ!