マッチングアプリで出会った男性と半年で結婚に至った体験談

3つのマッチングアプリを併用

昨今ではマッチングアプリでの出会いに難色を示す人はずいぶん減り、 周りでも婚活パーティーや婚活アプリでの出会いが成就していることを聞きます。 6年お付き合いした男性は結婚に踏み切ってくれず、 このままダラダラと関係を続けても意味がない…と一念発起し、 結婚相手を探すべくpairs、with、イヴイヴという3つのマッチングアプリを開始し併用しました。 アプリを使用する上で大切だと思うことを二点お話ししたいと思います。   まず一つ目に、プロフィールを充実させて書くこと。 写真はもちろんはっきり顔が分かるものを載せます。 男性は音楽フェスやラーメン好きな方が多いので、それらに詳しいと記載したり、 関連した写真を載せているとウケが良いです。 さらに料理が得意であれば、それも明記した上で手作りの料理の写真等も載せればかなり食いつきが良いです。 最後に結婚に対しての熱量を確認する文があれば尚良いです。 (例 結婚に対して積極的に考えられるかたのみよろしくお願いします!等)   二つ目に、アプリ内に設定されているプロフィール下部の結婚の意思ステータスを確認します。 (1.すぐにでもしたい 2.いい人がいればしたい 3.2~3年のうちにしたい 4.今のところ考えていない) ※アプリによっては設定がない場合もあり この選択肢の中で1か2を選んでいる人にのみ絞っていいなと思えばアプローチします。 「2~3年のうちにしたい」というのは適齢期の女性からすると付き合う期間が長すぎるうえ、 結局結婚願望があるようでないパターンが非常に多いので要注意です。  

マッチングアプリの失敗から学ぶ

なかには不誠実な目的でマッチングアプリを使用している男性や、 いわゆるサクラも多くいます。むやみやたらと写真を要求してきたり、 やりとりが少ないのにすぐ自宅付近の場所を指定した食事に誘ってきたり、 LINEではなくメールアドレス等での連絡を取りたがったり、 やり取りで少しでも違和感を感じればすぐフェードアウトしましょう。 待ち合わせ場所に現れず、連絡を取ろうと思ってアプリを開いたらもう相手が退会していた…なんて失礼極まりないケースも耳にしたことがあります。 そんな男性に引っかからないように気をつけましょう!  

マッチングで結婚に進める男性、進められない男性

マッチングアプリを使用しているにも関わらず、結婚願望のない男性、 まだまだ先でいいと思っている男性はたくさんいます。 結婚への価値観はそれぞれなので良し悪しはありませんが、 もしこれを読んでくださっている貴女がすぐに結婚をしたいと強く願っているならば、必ず確認してほしいことがあります。 それは「付き合う前に必ず結婚に対する熱量を確認すること」です。 自身の経験で言うと、現在の夫は付き合う前のやりとりで結婚願望がかなり強いことを確認できていました。 そして念押しで、いざ付き合うとなった際に「1年も2年も待つ気はない。 もう失敗したくないし、数ヶ月単位で先のことを考えてくれる人じゃないと付き合えない」とはっきり伝えました。 これには彼も快諾し、同じ熱量であることを伝えてくれたのです。 女性がとらわれがちなのが「結婚に対してどう思ってるのか聞くなんて、重いと思われないかな…」という心配。 一度付き合ってしまいうまく進むと、その関係性を壊したくないという思いから一番大事なこの確認ができなくなりがちです。 そしてダラダラ続いてしまうと、今別れてまた一から新しい人を探すのも…という考えに陥り、完全に負のループです。 男性は一度手に入ると安心してしまう生き物なので、付き合う前に必ずここを確認してほしいのです。 わたしが交際開始から半年で入籍に至れたのは、付き合う前のこの確認があったからこそだと思っています。 適齢期の男女に、お互いが結婚相手にふさわしいかどうかの確認に1年も2年も費やす必要は全くないと個人的には思います。 もちろん長い時間を経て、お互いが納得した上での結婚もアリですが、なるべく早くと考えているのであれば是非やってみてください。