マッチングアプリを利用して出会えたがっかりな体験談

マッチングアプリに出会った残念な男性1人目

こんにちはMuuです。

今日は私がマッチングアプリで実際に会って、すっごいすっごいがっかかりした残念な体験談をお話ししますね。

マッチングアプリ上で、

実際に素敵な人と出会えるのは正直に言ってごく稀なことです。

見た目が写真のイメージと違ったり、話が盛り上がらなかったり、

お家計がスマートじゃなかったり・・・。

わたし自身がこれまでアプリで出会い実際に会った男性はこれまで約10人ほど。

もちろん中には素敵な方もいましたが、今回は婚活あるあるの

「この人ちょっとイメージと違うな・・・」

と少しがっかりしてしまった経験をいくつかご紹介します。

マッチングアプリでの残念な話

まず1人目は年上の男性。

LINEのやりとりは1ヶ月ぐらい続き、

毎日共通の趣味の話などで大変盛り上がりました。

誠実で優しい方なんだろうなと伺えましたが、

唯一の不安点が、それはマッチングアプリ上のプロフィール写真が不鮮明であったこと。

鏡に写ったのを自撮りしているようなのですが、

顔もスマホで隠れていて、若干目が見えるかどうかの状態。

目だけ見ると可愛らしい感じなのかな?と思い、

ライン上での素敵な雰囲気も感じられたため、

少し期待して初のお食事に・・・。

がっかりする女性

当日お店の前に立っていたのは、

写真の1.5倍ぐらいの体格のかなりふくよかな男性。

確かに「30歳過ぎてからちょっと肥えた」なんてやりとりはしていたけれど、

これはちょっとがっかり。

痩せたら可愛い感じなのかな・・・

なんて半ば無理やりに思いながらもどうしても不健康に見えてしまい、

その場をなんとかやり過ごして、

失礼ながら2度目のお誘いはお断りさせていただきました。

LINEでのやりとりはすごく楽しくて、

付き合ってからのことや結婚後のことなど早くも少しばかり想像していたりしただけにがっかり、な出来事でした。

マッチングアプリに出会った残念な男性2人目

2人目は年下の男性です。

待ち合わせの1時間ぐらい前に「今起きた~」との報告LINE。

特に遅刻を申し出る訳でもなかったのですが、

初めて会う日にそんなギリギリに準備するか・・?!

結局時間に遅れることはなかったので、

わざわざ言わなくても・・とこの時点でちょっとがっかり。

加えて、タバコが苦手なわたしはプロフィールの中に

「喫煙者はごめんなさい」

と明記していたのですが、

時間になると身体中からタバコの匂いがする男性が現れました。

やんわり聞くと

「風邪をひいてここ数日は吸っていないからやめた」

とのこと。

それってやめたって言えるの?

今吸っていないだけじゃないの?

と疑問に思いつつランチへ。

きっと今でも日常的に喫煙するから服にも匂いがついていて、

その状態で来たんだなあと正直がっかり。

彼自身はとてもいい人でしたし喫煙自体は悪いことではないですが、

しっかりプロフィールを読んでほしいなと思った出来事でした。

結局どうしても喫煙がひっかかり、

2度目に会うことはなくフェードアウトさせていただきました。

喫煙する男性

マッチングアプリに出会った残念な男性3人目

最後に、10歳ほど年上の男性。

趣味も合ってお話も楽しくすごく魅力的な方でしたが、

デートする時は毎度帽子をかぶっていました。

これって・・・そうです、薄毛さんでした。

本人にも抗えないどうしようもないことですが、

帽子を取ると年齢差がより開いて見えて正直恥ずかしかったです。

そういえばプロフィール写真も帽子かぶってたなあ・・・。

がっかりと言ってしまうと悪いですが、やはり早めのカミングアウト、

もしくは最初からごまかさない、を男性方にはお勧めしたいなと思いました。

薄毛さんでも気にならないという女性は多くいますので。

その彼とは少しの期間お付き合いしたのですが、

結婚をまだまだ先でいいと考えているかただったのでそれにもがっかりでした。

「いい人がいればしたい」

とアプリ内の結婚意思ステータス選択していたはずなのに!

やっぱり男性でマッチングアプリをしていても、

結婚を焦っていない人というのは多いのだなあと痛感しました。

こういった価値観の相違は、

なるべく早く結婚したいと願っている婚活女子からすると正直がっかりでした。

付き合う前の「いつ頃に結婚したいと思っているか」という確認はしっかりしないといけませんね。

ハゲてる男性

本人は決して悪い人ではないのに実際会ってがっかりするという例は、

マッチングアプリをやっていれば少なからずあると思います。

せっかくお相手が気に入ってくれてもこちらがその気にならなかった場合、

遠回りの表現ではお断りしたい旨が伝わらないことが多いので、

わたしははっきりと「申し訳ないですが恋愛対象ではありませんでした」

とお伝えすることもありました。

はっきり言わないとかえって期待を持たせてしまいますので・・・。

勘のいい人は何となくフェードアウトに気づいて身を引いてくれることもあるのですが、

そうでない方には臆せず言葉を選びつつもはっきり伝えましょう。こちらにはその気はないのに申し訳ないですよね。

同じようにわたしたち女性ももちろん、

会うときに色々見られていることを忘れてはいけません。

過度な加工が施された写真をプロフィールに用いていて、会うと全然違う、

なんてことがないようにしましょう。

そしてやりとりの中ではふわふわかわいい感じを演出していても、

実際はガサツだったり食べ方が汚かったり、

家事が全くできなかったり、ネガティブなことばかり発言したり、

そういった点は男性からするとマイナスポイントなので気を付けたいところです。

美人かそうでないかよりも、

心身ともに健康で笑顔を絶やさずにいることが大事です!

男性の値踏みばかりにばかり力が入りがちな婚活ですが、

自分も相手にがっかりさせない努力をするようにしましょうね。

以上、Muuからのアドバイスでした!